光脱毛エステTOP >> 光脱毛エステの基礎知識 >> 光脱毛のデメリット

光脱毛のデメリット

現在は光脱毛が主流と言えますが、物事にはいい面もあれば、悪い面もあります。全てにおいて欠点がない脱毛方法などないので、光脱毛を行なう場合はデメリットにも目を向けておく必要があります。ところで光脱毛のデメリットとは何なのでしょうか?

光脱毛のデメリットは、永久脱毛ではない点
光脱毛のデメリットは、結論から言うと永久脱毛ではないという点にあります。光脱毛は黒色にだけ反応する光を皮膚に照射し、その結果無駄毛と毛根だけにダメージを与える脱毛方法です。しかし、生きた毛を扱う以上、必ず何本かは生え戻ってくる可能性があるのです。

1、 レーザー脱毛と比較
誤解をしている方が多いですが、レーザー脱毛も永久脱毛ではありません。レーザー脱毛を行なう医師が組織した日本医学脱毛協会がありますが、その組織も公式ホームページで永久性を否定しています。

毛の奥にある毛根の最深部をレーザーで破壊するレーザー脱毛であっても、永久脱毛は実現できないのです。光脱毛も一緒で、生え戻ってくれる毛が数本は出てきてしまいます。ただし、光脱毛もレーザー脱毛も、脱毛した毛が全部戻ってくるわけではありません。

2、 針(ニードル)脱毛と比較
針脱毛は唯一、永久脱毛に近い処理が可能です。毛穴の奥に針を指し、その針に電気を流して毛根の最深部を焼き潰すのです。装備も簡単で、医師が行なう必要もないのでコストも安く、限りなく永久脱毛に近い結果を実現できます。レーザーや光では処理できない産毛も脱毛が可能です。

しかし、針脱毛は耐え難い痛みが待っています。その痛みに耐えられればいいのですが、他の選択肢も用意されている現代の女性には耐えられないと思います。他に手段が無いなら我慢できる人も居るでしょうが、光脱毛やレーザー脱毛が誕生した現在は、主流とは言えなくなってきています。

光脱毛のデメリットを詳しく知ろう
光脱毛は確かに永久脱毛ではありません。しかし、繰り返し言いますが、別に脱毛をした全ての毛が生え戻ってくるわけでもありません。比率で言えば100本に8本くらいの毛が復活してくる程度です。毛根を完全に破壊していないと言っても、それなりに強烈なダメージを無駄毛は受けるため、そのまま生えてこなくなるケースがほとんどなのです。

ただし、針脱毛のように100%近く毛が生えてこないわけではないので、光脱毛の数年後に生え戻ってきた毛だけを、ピンポイントで針脱毛すると完璧です。

光脱毛エステもOK!脱毛サロン口コミランキング!

  サービス名 店舗数 初回お勧めプラン オススメ度 詳細
ミュゼプラチナム WEB参照 WEB参照 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2013-2014 光脱毛エステ女性向けランキング【家庭用脱毛器<エステ脱毛は常識!】 All Rights Reserved.