光脱毛エステTOP >> 光脱毛エステのFAQ >> 光脱毛・家庭用とエステの差は?

光脱毛・家庭用とエステの差は?

Q. 光脱毛・家庭用とエステの差は?
A. かなり差がある。

勧誘が嫌だ、安く仕上げたい、デリケートな部分はこっそり処理したいと思う人にとって、家庭用光脱毛器はメリットだらけに見えると思います。しかし、大切なお肌の問題なので、本当はプロに任せたい、慎重に判断したいという方も多いと思います。実際、家庭用脱毛器とエステの光脱毛はどのくらい差があるのでしょうか?

家庭用光脱毛器と、エステサロンの光脱毛はかなり差がある
結論から言いますが、家庭用脱毛器とエステサロンの光脱毛はかなり差があります。もちろん家庭用光脱毛にもいろいろとグレードがあり、エステサロンにもいろいろとグレードがありますが、主に2つのポイントで差が出ます。

1、 機器そのものの性能
2、 機器を使用する人の技術

どちらも大きな差が出るポイントなので、詳しく見てみましょう。
1、 機器そのものの性能
家庭用光脱毛器も今はかなり性能が向上していますが、やはりエステサロンにある光脱毛器には劣ります。最も目立つ違いは、照射面積です。家庭用の光脱毛器にもヘッドに長方形の穴が開いています。その穴から光を出してお肌の無駄毛を撃退するのですが、その穴の面積がどうしても家庭用では小さくなります。

光を放射できる面積が小さくなると、その分だけ何度も肌にフラッシュをしなければいけなくなります。フラッシュの回数が増えるほど肌にも負担がかかります。しかも、家庭用光脱毛器は使用するごとにカートリッジなど消耗品を交換しなければいけないケースが多いので、結局お金も高く付くのです。

2、 機器を使用する人の技術
こちらの違いは決定的です。家庭用光脱毛器の場合、機器を操作する人間は自分か、もしくは母親、姉妹などになりますが、そうした身内とプロのスタッフでは技術力に圧倒的な違いがあります。どのくらいの肌の色にはどのくらいの出力がいいのかだとか、脱毛部位にヘッドを密着させる力加減だとかは、素人には分かりません。

特に、光脱毛器のヘッドと脱毛部位をきっちり密着させないままフラッシュをすると、まれにヘッドと皮膚の間で高熱が発生します。その結果やけどしてしまう例もあるので危険です。脚など比較的平らな部分はまだいいですが、Vライン、Iライン、Oラインは凹凸が激しいので自分ではできません。うなじなども自分では見えませんし、背中も無理です。結局プロのスタッフにお願いした方が、アフターケアのコツまで教えてもらえるので安心なのです。

結局は同じくらいの値段に落ち着く
家庭用光脱毛器は一見すると安く見えますが、消耗品などの経費を考えると、安いサロンと同じくらいの値段に落ち着くケースが多いです。どうしても安く済ませたいと思うなら、安いサロンを探した方がいいです。もちろん安いサロンは予約が取りにくいなどのデメリットがありますが、その分プロが光脱毛をしてくれるので安心です。

光脱毛エステもOK!脱毛サロン口コミランキング!

  サービス名 店舗数 初回お勧めプラン オススメ度 詳細
ミュゼプラチナム WEB参照 WEB参照 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2013-2014 光脱毛エステ女性向けランキング【家庭用脱毛器<エステ脱毛は常識!】 All Rights Reserved.