光脱毛エステTOP >> 光脱毛エステのFAQ >> 光脱毛でシミはできる?

光脱毛でシミはできる?

Q. 光脱毛でしみはできる?
A. 基本的にはできない

お肌を美しく見せるために脱毛をするのに、しみができてしまっては意味がありません。まれに光脱毛をした後でしみができたと語る女性も居るので、そういった話を聞くと心配になってしまうと思います。実際、光脱毛でしみはできてしまうのでしょうか?

やけどに注意すれば大丈夫
結論から言いますが、光脱毛が直接の原因となり、しみができてしまう心配はありません。もちろん光脱毛を行なうと、肌に多かれ少なかれ影響が残るため、その刺激が原因で肌の下に隠れていたしみが一時的に出てくる可能性はあります。しかし、そのしみはもともと肌の下に隠れていただけなので、丁寧にトリートメントをすればまた肌の下に隠れていきます。

問題は、やけどです。特に家庭用光脱毛器で自己処理をする人は注意しなければいけません。エステでプロにお願いをした場合は、すぐにやけどを発見してもらえます。やけどを起こした部分は冷やしても熱が下がらず、一部だけ赤くなったり、赤味の中央が白くなっていたりするので、プロにお願いした場合はすぐに見つけてもらえるのです。

しかし、家庭用光脱毛器で自己処理をした場合は、そうした変化に自分では気付きにくいです。やけどが起きているのにすぐに治るだろうと放置してしまうと、水疱ができたり、かさぶたができたりします。さらにそういった部分を何のケアもしないで放置していると、しみのリスクが高まってきます。

やけどが起きたら、速やかに対処を
脱毛をした後にヒリヒリとした感覚が残ったり、一部分だけ熱が引かなかったりしたら、やけどを疑ってください。熱が下がるまでとにかく冷やし続け、熱が下がったらすぐに皮膚科に出かけてください。ステロイドを処方してもらい、軟こうを塗るのです。

残念ですが、脱毛にはやけどのリスクが常にあります。レーザー脱毛は出力が高いのでそのリスクはさらに高まりますし、出力を抑えた光脱毛でもやけどのリスクはどうしても残るのです。

やけどのリスクはプロにお願いすればかなりのレベルで回避できますし、仮にやけどが生じてもその場ですぐに発見してもらえます。しかし、家庭用光脱毛器などで自己処理をすると、やけどを放置してしまうケースがよくあります。特にお腹など衣服によく触れる部分でやけどを起こしてしまうと、治りかけの皮膚が衣服やベルトで刺激されて、しみになってしまうケースが多いです。うなじも同じですし、背中も一緒です。特にしみを気にする方は、できる限り家庭用の脱毛器を避けて、エステに通いプロにお願いをした方がいいです。

光脱毛エステもOK!脱毛サロン口コミランキング!

  サービス名 店舗数 初回お勧めプラン オススメ度 詳細
ミュゼプラチナム WEB参照 WEB参照 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2013-2014 光脱毛エステ女性向けランキング【家庭用脱毛器<エステ脱毛は常識!】 All Rights Reserved.