光脱毛エステTOP >> 部位別の光脱毛エステ >> お腹の光脱毛

お腹の光脱毛

意外かもしれませんが、Vラインからお腹にかけて、男性のように濃い毛が生えている女性は多いです。俗に言うギャランドゥと呼ばれる毛ですが、この毛は女性が男性の前で裸になり体を許すとき、最も目に留まる場所です。女性も自分にギャランドゥが生えているという事実にショックを受けて、思わず自己処理をしてしまいますが、本当に大丈夫なのでしょうか?

お腹の無駄毛は、自己処理してはいけない
結論から言いますが、ギャランドゥは決して自己処理をしてはいけません。その理由はいくつもありますが、主に代表的な理由は2つ挙げられます。

1、 陰毛とつながっているケースが多く、硬毛化するリスクが高い
2、 ベルトなどの接触が多い個所なので、手入れを怠ると色素沈着のリスクがある

以上の理由があるため、特にお腹の無駄毛は自己処理をしてはいけないのです。非常に大事なポイントなので、少し詳しく見てみましょう。

1、 陰毛とつながっているケースが多く、硬毛化するリスクが高い
無駄毛を自己処理したからと言って、すぐに毛が硬く太くなるとは限りません。しかし、陰毛とつながっているギャランドゥはもともと陰毛と性質が似ているので、この毛をカミソリでそったり、ピンセットで引っこ抜いたりすると、硬く太くなるリスクが他の部位よりも高いです。

恥ずかしい気持ちは分かりますが、とにかくギャランドゥはそったり引っこ抜いたりしないでください。状況は悪化していくばかりです。しっかりと光脱毛をするまでは、カットしながら何とかごまかしてください。

2、 ベルトなどの接触が多い個所なので、手入れを怠ると色素沈着のリスクがある
家庭用脱毛器でも、お腹は対応がしやすいです。そのため、わざわざエステに行く必要もないと考える女性が居るようですが、注意が必要です。ご存じの通り、ギャランドゥが生えている辺りは、ローライズジーンズなどのベルトがちょうど当たる場所です。接触の多い個所を家庭用脱毛器で処理すると、色素沈着のリスクが出てきます。家庭用脱毛器で脱毛をした後にしっかりと自分でお肌のケアができるなら問題はないのですが、火照った皮膚をクールダウンし、体の内と外からたっぷりとした水分を補給する慎重なケアが必要になってきます。自分でしっかりと管理できる自信が無い人は、プロにお願いをした方がいいです。

お腹の光脱毛は、時間が掛かると覚悟する
ちなみに、お腹の脱毛には時間が掛かると覚悟してください。プロにお願いして光脱毛をしてもらったのに、次から次へと無駄毛が生えてくるので多くの女性はがっかりしてしまうようです。しかし、この毛は皮膚の下に眠っていた毛で、特に陰毛周辺の毛は生え代わりが早いので、脱毛後の復活も早いです。しかし、根気よく脱毛を行なっていれば確実に毛は減って満足のいくレベルになるので、頑張ってください。

光脱毛エステもOK!脱毛サロン口コミランキング!

  サービス名 店舗数 初回お勧めプラン オススメ度 詳細
ミュゼプラチナム WEB参照 WEB参照 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2013-2014 光脱毛エステ女性向けランキング【家庭用脱毛器<エステ脱毛は常識!】 All Rights Reserved.