光脱毛エステTOP >> 部位別の光脱毛エステ >> 乳首の光脱毛

乳首の光脱毛

女性のシンボルである乳房に無駄毛が生えていたら、死活問題です。しかし、デリケートな部分なので脱毛も慎重にならなければいけません。ピンセットで抜いたりするわけにはいきませんし、まして乳房にかみそりをあてたりするわけにもいきません。皆さんはどうやって無駄毛を処理していますか?

乳輪の内側と外側で処理の方法を変える
皆さんにまず覚えておいて欲しいのですが、乳房の無駄毛、乳首の無駄毛は乳輪の内側と外側で、処理の方法を変えてください。外側はエステの光脱毛を選択し、内側ははさみでカットしてください。その理由ははっきりとしていて、

1、 乳輪の内側は光脱毛ができない
2、 乳輪の外側は、乳房の弾力があり、自力の脱毛は危険

という理由があるからです。それぞれ物すごく重要な話なので、詳しく見てみましょう。

1、 乳輪の内側は光脱毛ができない
光脱毛の原理をご存じない方に念のため説明をしておきますが、黒色の色素にだけ反応する光を肌の広範囲に照射し、一気に無駄毛を撃退する脱毛方法を言います。肌が日焼けして黒くなっていたり、ほくろなどがあったりする部位には当然脱毛ができません。肌が光に反応をして、やけどをしてしまうからです。

同じように、乳輪の内側も光脱毛ができません。乳輪が黒い人も居ますし、真っ黒でなくても他の肌よりも色素が濃いので、乳輪の内側を光脱毛するとやけどする危険性が出てくるのです。もちろん、レーザー脱毛も一緒です。光だろうがレーザーだろうが、黒色の色素に反応する光を放出するので、乳輪は脱毛できないのです。乳輪の内側の無駄毛を処理する場合は、はさみでカットをしてください。

2、 乳輪の外側は、乳房の弾力があり、自力の脱毛は危険
家庭用光脱毛器で無駄毛を自己処理する女の子も多いですが、乳房はやめてください。特に胸の大きい女性は危険です。家庭用光脱毛器であろうと業務用光脱毛器であろうと、光を放出する脱毛器のヘッドがしっかりと皮膚に密着していないと、フラッシュの瞬間に高熱が発生し、乳房の皮膚がやけどしてしまう危険性があるからです。

乳房を脱毛する際は、思い切り乳房を押さえつけて、光脱毛器のヘッドを当てる必要が出てきます。自分1人では難しい作業なので、乳房の脱毛はプロにお願いしましょう。

ちなみにエステにいくと、特別なガウンなどに着替えてから脱毛を行ないます。脱毛の瞬間は乳房を露出します。露出が嫌な方は、お願いすれば二プレスなどを付けてもらえるので、事前にお願いをしておきましょう。

余談ですが乳輪の中に無駄毛がある状態で二プレスを付けると、はがすときがつらいです。二プレスをする前は毛をカットしておくか、専用のジェルを塗ってから張ってください。

光脱毛エステもOK!脱毛サロン口コミランキング!

  サービス名 店舗数 初回お勧めプラン オススメ度 詳細
ミュゼプラチナム WEB参照 WEB参照 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2013-2014 光脱毛エステ女性向けランキング【家庭用脱毛器<エステ脱毛は常識!】 All Rights Reserved.